家を売るなら、不動産サイトに載っている自分の家情報は要チェック!

最近ではインターネットで家を探す人が増えたため、ほとんどの不動産会社は不動産サイトにあなたの家を掲載します。

家をしっかりと売るためには、不動産サイトに実際に載っている自分の家をチェックする必要があります。

今回はそんな不動産サイト上での家のチェックポイントを3つ解説します。

 

1.間取り図は分かりやすいか?

まず最初にチェックするのは「間取り図」。

間取り図がしっかりと分かりやすく書かれているか?これがポイントとなります。

汚く書かれていたり、よくわかりにくい(どっちが北かわからない)、外構部分がない、など見た人がナニコレ?と思うような間取り図はNGです。

 

2.写真は日当たりが分かるよう取れているか?

家を買いたい人が写真で一番チェックするのは「日当たりはどうか?」です。

一番日当たりが良くなる昼に撮影に来たか?日当たり具合が分かる写真になっているか?をチェックしましょう。

 

3.PC・スマホで見やすいか?

これも非常に重要。

最近ではPCだけではなくスマホでも不動産サイトはチェックされます。

あなたが不動産情報をチェックする時も、通勤時などにスマホでチェックしましたよね?

スマホは大画面化しているため、荒い写真では表示した時にすごく汚くなってしまいます。

PCでも、たいていの不動産サイトは写真をクリックすると拡大表示されます。

このときに写真が汚くなってしまっていたらNG。

ちゃんときれいな画素数の高い写真がアップされていて、PCで拡大したりスマホで見たときもキレイに表示され文字も読めればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です