家を売る時の不動産会社の選び方。契約条件は要チェック!

家を売る時に、まずやるのが不動産会社との契約。

家は自分で売る事ができず、必ず不動産会社と契約をして売ってもらう必要があります。

今回は家を売る時の不動産会社との契約の種類をそれぞれ説明していきます。

 

不動産会社との契約は全部で3種類

不動産会社との契約方法は、全部で3種類となります。

これ以外にはありません。

・専属専任媒介

・専任媒介

・一般媒介

各契約の内容について詳しく説明していきます。

 

1.専属専任媒介

仲介を1社の不動産会社にだけ依頼する「専属」の契約となります。

この専属専任媒介という契約をしている間は、たとえ家族や友人であっても必ず不動産会社を間に入れる必要があります。

1社とだけ契約するため、その分不動産会社もしっかりと頑張って売ってくれる契約となります。

 

2.専任媒介

仲介を1社の不動産会社にだけ依頼する契約となります。

専属専任媒介とほぼ同じですが、大きな違いは自分で家を買ってくれる人を見付けた場合は不動産会社を間に入れずに直接売買できるのが大きな違いとなります。

 

3.一般媒介

仲介を複数の不動産会社に依頼する契約となります。

もちろん、自分で家を買ってくれる人を見付けた場合は直接交渉もできます。

 

以上、3つの契約方法についての説明でした。

専属専任媒介と専任媒介は、1社とだけの契約となります。

条件が厳しいため、法律で契約有効期間は3か月まで、と決められています。

契約書に3か月以上(例えば半年)と書かれていても、法律で3か月と決まっているため無効になります。

そもそも契約書にそんな風に書いている業者は悪徳業者ですけどね。。。

 

専属専任媒介と専任媒介は、本当に信頼できる不動産会社を知っている時だけ契約するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です